top of page

仕事を辞めたいけれど、次に何がしたいか分からなくて困っている人は、新しい自分になるチャンスです!

更新日:2023年3月20日

地の時代と風の時代の仕事を選ぶ基準の違いと、しっくりくる仕事を見つけるためにできること


転機を迎えているときというのは、迷いが多いものです。


自分の今までの思いこみが強ければ、その思いこみに縛られて、なかなか新しい世界へ飛び込んでいくことができないかもしれません。


けれども、そういう時こそ新しい自分になるチャンスです!



今転機を迎えられている方々を見ていると、今までの時代に縛られていた自分を脱ぎ捨てて、本当に自分がやりたいと思っている「魂が望むこと」に向かって進もうとし始めているのを感じています。



今、仕事を辞めたいとか、違う仕事を探したいと思っている方々の多くが、地の時代の自分から風の時代の自分へと意識が変化しているのではないかと思います。


今回は、仕事で転機を迎えられているYさんのご相談を通して、

・地の時代と風の時代の仕事を選ぶ基準の違い

・しっくりくる仕事を見つけるためにできること

についてお話していきたいと思います。


Yさん(20代女性、東京在住)のご相談です。

今、仕事で転機を迎えています。 今は雑貨店で働いています。 店長と先輩と私の3人の職場です。 かわいい雑貨が好きです。 でも、売り上げが厳しくついに閉店することになりました。 店長と先輩は、形を変えて別の場所でお店を続けていくことにしたそうです。 私もどうするか?聞かれましたが、辞めることにしました。 仕事自体は、この仕事について初めてやりがいを感じられました 私がいいなと思ったお取引先とやり取りをして、商品を取り扱うこともできました。 こうしていきたい!と向上心もありましたし、頑張りたい気持ちもありました でも、このお店は、店長と先輩2人でつくっているお店なんです。 2人の意見でつくっていて、ミーティングも2人でしています。 私は働き始めて2年半になりますが、ミーティングには参加させてもらえず、仲間はずれでお手伝いさんみたいな感じです。 私がやりたいと思うことも却下されてしまうこともあり、もうこのメンバーでやっていくのは違うかな?と思っています。 ある時期から、給料が少ないこと(この分野は給料が低い)、世間体が気になり始めて、仕事自体も楽しめなくなってしまいました 実家に住んでいて、自立できずに親に頼っている自分も、親に申し訳ない…と思ってしまいます それもあり、辞めることにしました。 辞める時期がわかっているので、新しい仕事を探すために、転職サイトを見たり、キャリア面談を受けたりしています。 でも、全然しっくりこなくて、違和感しかありません(涙) 探している仕事は、 ・固定給で安定した収入が見込める仕事 ・休みがある仕事(土日・祝日休み) です。 お金を稼いで独り立ちしなくちゃ!と思って、IT企業の転職サイトなどを見ていますが、私にできるのかな?と苦しくなってしまいます 最近は、やっぱり今までの仕事を続けた方がいいのかな?という迷いも出てきました。 どのように考えたらいいでしょうか?

Yさんのお話を伺っていると、今までの時代(地の時代)の考え方に縛られていて、それが辛い!苦しい!と言われているように聞こえました。


本当は新しい時代(風の時代)に向かって、自由に羽ばたいていきたい!と思っているように感じられました。


今までの自分と、新しい自分がせめぎ合っているように見えました。




目次

仕事を選ぶ基準は、時代の流れによって変化する  ・地の時代の仕事を選ぶ基準  ・風の時代の仕事を選ぶ基準 しっくりくる仕事を見つけるためにできること  ・ゆっくりとくつろぐ時間をつくってリラックスする  ・「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」を手放そう!  ・お金がないというのも思いこみかもしれません  ・自分はどんな人なのかを振り返ろう まとめ:人生は魂が体験したいようにできている




地の時代と風の時代とでは、仕事を選ぶ基準は違います。


そこでまずは、地の時代と風の時代、それぞれの仕事を選ぶ基準についてお話してみたいと思います。



 

仕事を選ぶ基準は、時代の流れによって変化する

 

私たちは、知らず知らずのうちに星々の星巡りに影響を受けています。


占星術では、星の巡りによる天空図が時代をつくるといわれています。


2020年12月22日に、木星と土星が水瓶座で重なり合いました。


その日を境に、約240年間続いた地の時代から風の時代へと本格的に切り替わったといわれています。


その日を境に明確に変化するわけではなく、その前からグラデーションのように少しずつ変化しています。


仕事においても、時代によって選ぶ基準が変化してきました。


まずは、地の時代の仕事を選ぶ基準の傾向から見ていきたいと思います。




 

地の時代の仕事を選ぶ基準

 

地の時代は約240年ほど続いた時代なので、「地の時代の仕事を選ぶ基準」といっても一概には言えません。


ここでは、風の時代に切り替わる30~40年くらい前の状態を取り上げたいと思います。


その頃の、仕事を選ぶ基準の代表的なものは、

  • できれば大企業、有名企業

  • できるだけ高い安定した固定給がもらえる


あるいは、

  • 専門的な知識や技術をもった仕事

だったのではないでしょうか?


もちろん、やりがいがありそうか?とか、自分に向いているか?ということなども、選ぶ基準にあったと思います。


けれども、エゴが前面に出る時代だったため、その仕事についたら周りにどう見られるか?という外から見た基準で選んでいることが多かったのではないかと思います。


働く年齢になったら、なるべく高い安定した固定給をもらって、アパートなどを借りて一人暮らしをする。


実家に住み続けるのであれば実家にお金を入れる。


それが自立するということだと思われていたのではないかと思います。


そして、適齢期といわれる年齢になったら、結婚して家庭を持つ。


当たり前に、子どもを産んで子育てする。


それが親孝行で、親を安心させるために子供ができること。


それなりのお給料をいただいて、自分の力で生活していける人が、キチンとした大人だ!


そんなふうに思われていたのではないでしょうか?


大企業や有名企業に就職できれば、世間体がよくて、人に話すときにも気分よくいられます。


そんな自分が誇らしくいられるし、親にもいい気分でいてもらえます。


周りからも評価してもらえるし、自分を成功した人だと思えます


そんな成功方程式が昭和の時代にできあがりました


詳しくはこちらに書いています ⇒ 型にはまった生き方から自由な生き方へ


昭和に生まれ育った人たちは、このような成功方程式のもと育ちました。


今でも、この時の基準のまま生きている方が多いのではないかと思います。


そんな、昭和世代に育てられた方々は、多かれ少なかれこの成功方程式の影響を受けています


Yさんもその一人だと思います。


成功方程式の影響が、

給料が少ないこと(この分野は給料が低い)、世間体が気になり始めて、仕事自体も楽しめなくなってしまいました。

実家に住んでいて、自立できずに親に頼っている自分も、親に申し訳ない…と思ってしまいます。

という言葉に現れています。


だから、興味がある分野の仕事を探すのではなく、

  • 安定した固定給がもらえる

  • 一人暮らしができそう(自立できそう)

  • 親に安心してもらえそう

  • 成功した人だと思ってもらえそう

そんな仕事を探すことにつながったのだと思います。


Yさんにとっては、IT関係の仕事がそんな仕事に思われたのかもしれません。


思いこみであるエゴは、成功方程式を満たせるような仕事を探していたのかもしれません。


けれども、魂とつながっている心は「違う!違う!私が望んでいるのはこんな方向じゃない」と叫んでいたのだと思います。


それが、しっくりこなくて、違和感しかありません(涙)という言葉と涙に現れています。


自分らしくない自分になろうとするのをやめて、心から自分が満たされていくような、本当の自分になろうとしているのだと思います。


それをしっかりと受け取っているから、しっくりこなくて違和感しか感じられないのです。


私にできるのかな?と苦しくなってしまうのです。


魂とつながっている心のサインを受け取れているということです!


そんな自分を「魂とつながれている私はすごい!」とほめてあげてください。


それでは、風の時代の仕事の仕事を選ぶ基準はどうなっていくのか?見ていきたいと思います。


 

風の時代の仕事を選ぶ基準

 

風の時代は多様性の時代です。


そして、個人が尊重される時代です。


今までなかったような仕事が生まれる可能性がありますし、今までとは違った働き方もたくさん生まれてくると思います。


仕事というもののとらえ方自体が変化する可能性もあります。


どのように変化するかというと、まずは仕事というものの原点回帰が起こると思います。


すでに起こっていますが、それが鮮明になっていくと思います。


私たちは人それぞれ、生まれ持った才能や素質があります。

  • 手が器用で手芸や工作が得意な人

  • 料理が上手な人

  • 野菜や花を育てるのが上手な人

  • 思考が柔軟でいろいろなアイデアを思いつく人

  • 計算が得意な人

  • 管理する能力に優れている人

  • 人の話を聞くのが上手な人

などなど。いろいろな能力があります。


生まれ持った能力は、それが自分にとって普通なので、自然に気づかないうちに発揮しています。


もともとは、そのような生まれ持った能力を自然に発揮したものが、仕事になっていたのではないかと思います。


たとえば、素敵な服をつくって着ている人を見つけたら、自分もそんな服が着たい!と思います。


「私もそんな素敵な服が着たいから、私にもつくって!」とお願いすると思います。


その人につくってあげたら気に入って着てくれました。


その服を見た別の人が、「私も欲しい!」と言って服を注文してくれました。


それが増えていったら仕事になります。


本来、仕事というものはそういうものなのではないか?と思います。


すでに、自分の能力や好きをいかしていきいきと仕事をされている方は、それが普通だと思うかもしれませんが、世の中は圧倒的にそうでない人の方が多いのではないかと思います。


これからの時代は、そうやって自分の得意なことや好きでやっていることが仕事になっていくというシンプルな流れに戻っていくと思います。


自分の能力や好きなことを表現したものが仕事になるのだと思います。


そもそも、仕事をそのようなモノだととらえていたら、しっくりこなくて違和感を感じたり、苦しい気持ちになることなんてないのではないでしょうか?


自分の能力や好きなことを表現できて、心から満たされるのが仕事ということになると思います。


風の時代の仕事を選ぶ基準は、

・自分の能力を発揮できるもの ・能力を磨いていけるもの ・自分が好きでやっていること ・やっていると時間を忘れて没頭してしまうこと

・そのうえで、人や社会のためになること

というようなものになると思います。

これからの時代は、一人で何もかもできなくてはいけない時代ではありません


自分が苦手な部分は、それを得意とする人が必ずいます。



そのような人たちで、チームを組んで仕事をしていくことになると思います。


お互いに能力を生かし合うような、そんなチームが生まれていくと思います。


リアルに会わないとできない仕事は別ですが、すでにニューノーマルになっている「オンラインでつながりながらの仕事」が普通になっていくので、会社に行く必要もなくなっていきますし、どこに住んでいても一緒に仕事ができるようになります。


地の時代のように、会社や組織に所属して歯車の一つになるという形態ではなく、プロジェクトごとにそれを得意とする、そのプロジェクトにピッタリな人たちが集まって一つのモノをつくりあげるようなシステムもできるのではないかと思います。


この仕事を選ぶ基準をみて、金銭的なことが入っていない!と思われたかもしれません。


これからの時代は、仕事のとらえ方が変化するように、お金に対する価値観も変化していくと思います。


地の時代の立派な社会人のイメージは、「お金を稼げる人」だったのではないでしょうか?


けれども、風の時代は「稼げること」が成功の第一条件ではなくなっていきます。


お金を稼ぐということで心が豊かになると感じる人もいれば、好きなことができるということで心が豊かになると感じる人もいます


どちらもいいね!となっていきます。


お金を稼いでいる人も成功者だし、好きなことをしいる人も成功者だし、自分の能力を発揮している人も成功者です。


そんな価値観に変わっていきます。


お金を稼いで、いい物をたくさん買って、いい家に住む。

欲しいものを買えるということが豊かなことだという価値観が変化していきます(すでに変化していますね)。


そして、心が満たされていることが、一番豊かなことだ!という価値観になっていきます。


もちろん、今までの時代の価値観が最高にいい!と思うのであれば、その価値観がいいね!ということになります。


ですから、お金のことは入っていません。


価値観が変化していくと、収入が多い少ないにかかわらず、最低限の生活はできるしくみもできていくと思います。


その仕事をやっていて、心が満たされていたら自分の波動は上がります


自分が心地いい状態でいられたら、同じように心地いい状態の人々を引き寄せます


たくさんのお金がもらえることよりも、日々、心が満たされることができることや、いい仲間といられることの方が価値が上がります


Yさんのように、たとえ収入が少ない仕事であったとしても、自分が豊かに感じられる生活はできるということです。


そして、このような基準で仕事を選ぶと、自由に心躍る世界へと羽ばたいていけると思います。


ただ、今現在、この「風の時代の基準」で100%就職活動できるわけではないと思います。


家族を養うために、お金という条件は外せないという方もいらっしゃると思います。


そのような場合は、優先順位を「風の時代の基準」にして、それを満たしていてお金の条件も満たす仕事にしてみてください。


その他の条件も、同じように考えてみてください。


それでは、「風の時代の基準」の仕事をどうやって見つけていったらいいのか?お話したいと思います。



 

しっくりくる仕事を見つけるためにできること

 

今までは、エゴが前面に出る時代でした。


その仕事についたら周りにどう見られるか?という外から見た基準で仕事を選ぶ方が多かったと思います。


これからの時代は、魂が前面に出るの時代です。


外から見た基準で選ぶのではなく、心に正直になって内側の基準で選ぶようになっていくのです。


そのためにできることをお話したいと思います。

 

ゆったりとくつろぐ時間をつくりリラックスする

 

仕事を辞めたいと思っている方の中には、自分の気持ちを偽って、無理して頑張ってきた方もいらっしゃるのではないかと思います。


今まで無理して頑張って働いてきたのであれば、少しのんびりする時間をとってもいいのではないかと思います。


自分の気持ちを偽ってきたと感じている人ほど、リセット期間をとった方がいいと思います。


すぐに次の仕事を見つけなくちゃ!と焦れば焦るほど、自分が望んだのとは違う方向に行ってしまう可能性が高くなってしまいます


すぐに次の仕事を見つけなくちゃ!働かなくちゃ!お金が…と思っている方は、それ自体が「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」かもしれません。


『自分の心が満たされる仕事につきたい』と思うのであれば、自分の心とつながれるようになる必要があります


いつも自分の心に従っていれば、すぐに次にやりたいことが出てくると思います。


なかなか思いつかないようでしたら、自分ではない外側の基準に従ってきてしまったということだと思います。


自分の心とつながれば、自分だけの内側の基準に従うことができます


それが心が満たされることへとつながります。


自分の心とつながるためには、まずは、ゆったりとくつろぐ時間を取ってください


リラックスして、力の抜けている自分を感じられる時間をつくってください


ゆったりくつろげて、リラックスして力が抜けている状態になると、自分の心とつながれるようになってきます。


ゆったりのんびりしていることに罪悪感を感じる場合も、「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」が発動しています。


次に説明する手放し方で、手放していきましょう!



 

「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」を手放そう!

 

「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」に気づいたのであれば、まずはそれを手放していきましょう!


今自分が思っている「こうでなければならない」と思うようなものは、たいてい「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」に当てはまるのではないかと思います。


仕事について、大人として、「こうでなければならない」と思っていることを書き出してみてください。


その他にも、苦しくなるようなことを書き出してみてください。


紙に書き出すと自分の気持ちが整理しやすくなります


私は、気軽に書き出せるように、裏紙や余ってしまったノートなど、捨ててもいい紙に書き出しています。


そして、大事な部分だけ保存するノートに書いて、あとは捨てています。


スッキリ感がぜんぜん違ってくるので、紙に書き出すことをおすすめします。


「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」をYさんの例であげると、

  • 一人暮らしができる(自立できる)くらいの固定給がもらえないと大人として認めてもらえない。

  • 雑貨屋さんで安い賃金で働いているなんて、趣味の延長の仕事だと思われ、バカにされている気分になる。

  • このお店は、店長と先輩のお店であって、私は認められていない。

  • 結婚もしてないし、親に生活させてもらっていて申し訳ない。

  • それなりに見栄えのいい仕事につかないと、友達にも話せない。

  • 世間体を満たすためには、自分が我慢して働くしかない。

など、まだまだあげられると思います。


次に、仕事について、大人として、「こうでなければならない」と思っていることや、苦しくなるようなことを一つ一つを手放す!と決めてください



【関連記事】 書き出すやり方と手放す方法はこちらの記事をご参照ください⇒ 自分を癒す方法


「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」を手放すことができれば、以前よりも自由な気持ちで、自分の好きな仕事を選ぶことができるようになっていくと思います。


長年しみついたものであれば、一度で手放すことができない場合が多いと思います。


気づくたびに、手放してみてください


重い波動の思いこみを手放すと、少しずつ新しい自由で軽やかな自分になれます。


そんな自分になってから新しい仕事を探した方が、うまくいくことが多いです。


焦らずに、今まで頑張った自分をねぎらいつつ、「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」を手放してみてください。


 

お金がないというのも思いこみかもしれません

 

「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」を手放して、新しい自分を発見することに興味を持っていると、今までと物の見方が変わっていくことに気づくと思います。


お金に対する思いこみも手放していくことになります。


すると、お金に対するコンプレックスが軽くなっていきます。


さらに、意識が魂とつながっている心に向いていると、自然に心が満たされていきます。


心が満たされると、たくさんの物を持っていなくても、「もう十分物も持っているし満たされている」という気持ちになります


物を買いすぎてしまっていたのは、自分を偽っていた心の穴を埋めるためだったのだと気づくと思います。


すると、衝動買いをしなくなりますし、今持っているものを活かし始めます。


そのサイクルに入ると、「あれ?お金がある」と思うようになります


ですから、心が満たされるように自分の心(感じていること)に正直になってください。


それが第一優先です!


これだけのお金を稼がないと生活できない!というのも思いこみである可能性が高いのです。


すると、それだけのお金を稼げる仕事に執着してしまいます。


その執着を手放してください。


そのうえで、新しい意識で、自分の生活にかかる必要なお金を計算してみてください。


地の時代の思いこみが手放せていたら、シンプルに生活できる費用を割り出すことができると思います。



 

自分はどんな人なのかを振り返ろう

 

この過程は、「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」を手放して、新しい自分になっていこうとしている自分を歓迎しながら、自分に興味を持ってやってみてください


もし、自分のダメなところや、以前の職場でうまくいかなかったことを思い出してしまうようでしたら、先ほどの手放す方法で手放してください!


風の時代に意識が向かっているのであれば、風の時代の仕事を選ぶ基準で選んでいきたいと思います。


その基準が、

  • 自分の能力を発揮できるもの

  • 能力を磨いていけるもの

  • 自分が好きでやっていること

  • やっていると時間を忘れて没頭してしまうこと

  • そのうえで、人や社会のためになること

だとしたら、それを知らないと新しい仕事を選ぶことができません。


それを書き出してみましょう。

書き出す内容は、

  • 自分の能力

  • もっと磨いていきたいと思っていること

  • 好きなこと

  • やっていると時間を忘れて没頭してしまうこと

  • それをしたら、人から喜んでもらえたこと

先ほどもお話したように、能力というのは自然に発揮していることなので、自分では気づけないことが多いです。


その場合は、周りの人たちに聞いてみてください


自分の能力については、小さい頃から周りの人たちに言われたことを思い出しながら書いてみてもいいと思います。


どんな小さなことでもいいです。


たとえば、 ・笑顔がいいねと言われた。 ということも、人から喜んでもらえたことに入ると思います。


・字がきれい。 ・時間はかかるけれど、丁寧にやる。 そんなことも、能力になると思います。


特別なことを書こうと思わず、小さなことをどんどん書き出してください。


一度に書けなくても、思い出すたびに書き足していってください


そのうちに、自分の傾向が見えてくるのではないか?と思います。


  • 興味があること

  • 追求したいと思っていること

  • やっぱり好きなこと


そんなことが見えてきたら、以前よりも自分のことが好き!と思えているかもしれません


自分に興味を持って、自分のことを見ていたら、いつの間にか自分を生かせるようになっていきます


それは、自分の心とつながれている証拠です!


自分の心が躍るような気分になる、楽しい気持ちになれるような仕事を探してみてください。


 

まとめ:人生は魂が体験したいようにできている

 

ここでお話してきたことは、地の時代の仕事を選ぶ基準や生き方が悪いということを言っているわけではありません。


魂は、地の時代は地の時代でしか体験できないことを体験したいと思っているし、風の時代は風の時代ならではの体験をしたいと思っているのです。


もうこの体験は十分したからもういいや!と魂が思っているものは、手放すために苦しいとか辛いという感覚になります。


ですから、今辛い、苦しい、もう嫌だ!と思っている方は、新しい体験をしていく時が来たんだな!と思ってください。


この地の時代から風の時代への転換点は、他の転換点と違い、精神的に苦しくなる傾向があります


とても大きな転換点なので、その分辛さ苦しさも大きくなると思います。


辛い苦しいモノを手放すのは、「逃げ」ではありません


新しい自分になるために必要な「禊」です


新しい自分になろうとしている自分を許して、ゴーサインを出してあげてください。


今の仕事を辞めて、次にやりたい仕事を見つけるためできることをまとめます。


地の時代と風の時代とでは、意識が変わること。

それにともなって、仕事を選ぶ基準も変化することを理解すること。

     ↓

自分が今仕事を辞めたいと思っているのは、時代の変化に応じて自分の意識が変化しているのではないか?と自分を観察してみること

     ↓

新しい自分になりたい!それにともなって、仕事も変えたい!と思っている自分を発見したら…

     ↓

自分の魂とつながっている心を感じるために、ゆっくりとくつろぎ、リラックスする時間をつくる

     ↓

「地の時代の成功方程式にもとづく思いこみ」を手放す

     ↓

自分はどんな人なのかを振り返る

     ↓

軽やかで自由な新しい自分になっていくサイクルに乗る


新しい時代がやってきました!


時代の変わり目というのは、混沌としますし、過去の膿が噴出しやすくなります。


気づいた人から変わっていけます。


自分の魂のやりたいことに向かっていこうと意識を向け、行動し続けていたら、いつの間にか、いつも心が満たされている自分に気づくことでしょう。



 

頭では分かったけれど、やってみたけど、自分一人で変わっていくのは難しい…

自分のこととなるとよくわからない。

無理…とあきらめてしまいそうな方は、サポートいたします(有料になります)。

お申し込みは「ハイヤーセルフからのメッセージで瞬間解決!」からお願いいたします。





閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


​ プロフィール 

Nao.jpg

      Nao

 

スピリチュアルセッションを

通して、
日々幸せを感じながら
自然体で生き生きと

楽しんで生きる人生を
サポートさせていただいています。

​ 最近の投稿 

​ カテゴリー 

 アーカイブ   

bottom of page